県立高校入試「15の春」に約1万2千人が挑む 

県立高校の一般入試が6日から始まりました。およそ1万2000人が「15の春」に挑んでいます。

このうち、県立那覇高校では、中学の先生に見送られ312人が受験。緊張が高まる午前10時。受験生は一斉に問題用紙に向かいました。

2018年、県内の一般入試の志願者数は合わせて1万1944人で、倍率は全日制が0.95倍、定時制が0.36倍となっています。最も志願倍率が高いのは沖縄工業・建築科の1.74倍、次いで美来工科・ITシステムの1.72倍です。

引率の教師は「(Q:言葉がけも気を遣いますか?)すごく気を遣います。“落ちる”とか絶対言わない」「やってきたことだけを、しっかり自分を信じて頑張れと言いました」などと話していました。

試験は6日が国語・理科・英語。7日は社会・数学が行われます。合格発表は13日です。