最新ニュースラインナップ

2019年2月18日

Qプラスリポート 静かな夜を返して 嘉手納「爆音」取り続ける男性

静かな夜を返してほしいと、嘉手納基地の騒音被害の実態を撮影し、ネットにアップしている男性がいます。撮影し続けて6年。男性を突き動かすのは何なのでしょうか?岸本記者のリポートです。 嘉手納町に...続きを見る

朝日新聞世論調査 約6割が「反対」と回答

辺野古の新基地建設のための埋め立ての賛否を問う県民投票は、日曜日の投票日まであと6日と迫りました。朝日新聞社が実施した世論調査で、6割近くの人が埋め立てに「反対」していることがわかりました。 世論調...続きを見る

国地方係争処理委員会が県の審査請求を却下

名護市辺野古の新基地建設をめぐり、県の承認撤回の効力を国交省が停止したのはおかしいとして、県が申し出ていた審査が2月18日、却下されました。 総務省の第三者機関である国地方係争処理委員会は、自治体の行政運営に対する...続きを見る

親のためのキャリア教育講演会

働き方改革やAIの導入など大きな転換期を迎えている仕事の在り方。そんな中、子どもの職業選択について考える保護者向けの講演会が2月17日、開かれました。 講演会には、子どもを持つ親など約100人が参加。職業を選択する...続きを見る

県民投票世論調査 反対59%で賛成を上回る

24日に投票日を迎える辺野古埋め立ての賛否を問う、県民投票について、朝日新聞社が世論調査をした結果、6割近くの人が「反対」と答えたことがわかりました。 世論調査は、朝日新聞社が16日と17日の2日間、無作為に番...続きを見る

総決起大会 県民投票成功と普天間基地運用停止訴え

普天間基地を抱える宜野湾市では、17日、総決起大会が催されました。17日の総決起大会には、議員や市民など約600人が集まりました。 大会翌日の18日、2月18日は、政府が普天間基地の5年以内運用停止を約束した期限に...続きを見る

確定申告スタート

18日から全国一斉に、確定申告の受付が始まりました。このうち浦添市の会場には朝から多くの人が訪れ、税務署職員に教わりながら、手続きをしていました。 2018年に県内で確定申告をした人は、約19万5000人で、19年...続きを見る

2019年2月17日

高校生・大学生が考える県民投票

投開票まで1週間となった県民投票について生徒らを対象にした学習会が開かれました。これは県民投票について考える実行委員会が主催したもので高校生ら8人が参加しました。 冒頭で県民投票の会の元山代表が「沖縄の未来を見...続きを見る

トヨタがアマチュアオケを応援

アマチュアのオーケストラ公演を応援する「トヨタコミュニティコンサート」が19年3月沖縄市で開催されることになり2月17日リハーサルが行なわれました。 「トヨタコミュニティコンサート」は音楽を通して地域文化の振興に貢...続きを見る

第18回全沖縄暗算競技大会

珠算王国・沖縄の暗算ナンバー1を決める大会が宜野湾市で開かれています。 答案用紙めくりスタート緊張感のなか始まった全沖縄暗算競技大会には幼稚園生から大学生までの711人が参加。この大会は、暗算の速さや正確さを競うも...続きを見る

次ページへ »

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.