2017年4月26日

県議会軍特委 流弾事故で抗議決議採択

恩納村の安富祖ダム工事現場でアメリカ軍の流れ弾のようなものが見つかったことを受け、4月26日、県議会アメリカ軍基地関係特別委員会が開かれています。 委員会では県による調査でアメリカ軍の流れ弾であることが推測されるという報告を受...続きを見る

2017年4月25日

パラシュート降下訓練で三連協が防衛局に抗議

4月24日のアメリカ軍によるパラシュート降下訓練で三連協が抗議しました。 25日午前、沖縄防衛局を訪れた三連協のメンバーは「今回の訓練は住民に更なる基地負担の増大を招くもの。断じて容認できない」と抗議した上で、パラシュート降下...続きを見る

2017年4月21日

西原町廃タイヤ 県が行政代執行 撤去に着手

西原町の工業団地内に大量の廃タイヤが放置されている問題で、県は、4月21日撤去に着手しました。廃棄物処理法に基づく行政代執行は県内では初です。 現場で野島記者は「改善命令から7年。山積みとなった廃タイヤが、次々とコンテナに入れ...続きを見る

那覇市が国保税の収納対策を強化

那覇市が国保税の収納対策強化に向け市長自らが、未納者へ納付を呼びかけました。城間市長は「那覇市の国保収納特別対策として、国保税の納付確認のための電話を入れさせていただいております。」と呼びかけました。 那覇市では国保税の納付率...続きを見る

2017年4月19日

高速道路ロボコーン導入

4月19日に県内初導入となった「ロボコーン」 高速道路での工事や、事故などで道を規制する際に使用するラバーコーンを自動で設置・回収する専用の車です。ラバーコーンは重さ約4㎏。これまでは手作業で設置してきました。 しかし、201...続きを見る

クラウド・オン・オキナワ プロジェクト発足

県内の自治体とIT関連企業が連携して、地域の活性化を目指すプロジェクトが立ち上がりました。 宮古島市や竹富町など県内4自治体とIT関連企業9社が協定を結び発足したプロジェクト「クラウド・オン・オキナワ」は、インターネットを駆使...続きを見る

2017年4月18日

離島でも児童虐待に迅速対応 児相宮古分室設置

児童虐待などに迅速に対応することを目的に4月1日、県の児童相談所の宮古分室が設置され4月17日、看板掲揚式が行われました。 県中央児童相談所宮古分室は、2015年に起きた、父親による当時3歳の女の子の虐待死亡事件を受け、県が設...続きを見る

沖縄市役所で鯉のぼり掲揚式

5月の子どもの日からの始まる児童福祉週間を前に18日、ミニ鯉のぼりが子どもたちにプレゼントされました。沖縄市役所で行われた鯉のぼりの掲揚式では市内の園児たちに鯉のぼりの意味や由来が手作りの絵巻で説明されました。 その後、園児8...続きを見る

2017年4月14日

石垣市で高齢者の交通安全教室

高齢者による交通事故防止を図るための安全教室が、石垣市で開かれました。 高齢者交通安全教室は、全国的に増加している、高齢者による交通事故を防止しようと、春の交通安全運動の一環として行われました。 八重山署管内では、75歳以上の...続きを見る

2017年4月13日

米軍機事故の初動対応を見直し

アメリカ軍機の事故が発生した場合の初動対応を検討する日米合同の会議が開かれ、2016年に起きたオスプレイ墜落事故のような事態を訓練項目に加えることや、通報体制の見直しが合意されました。 12日に開かれた日米危機管理会議では、2...続きを見る

次ページへ »

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.