2018年6月21日

韓国名門高校が南風原高校と芸能交流

県内唯一の郷土文化コースを持つ南風原高校と韓国の名門校が6月21日、芸能を通して交流しました。 21日に南風原高校を訪れたのは、今大人気のKポップアイドルを輩出している「ソウル公演芸術高校」の生徒たち。世界公演の一環として、南...続きを見る

避難解除に向けたアンケート調査へ 普天間第二小

アメリカ軍ヘリの窓が落下した事故以降続く避難態勢の解除を見据え、アンケート調査が実施されることになりました。 宜野湾市の普天間第二小学校では、ヘリの窓が落下した2017年12月の事故以降、アメリカ軍機が敷地上空に接近するたびに...続きを見る

2018年6月14日

久茂地尋常小学校は「h」型だった!

5月から行われている遺跡発掘調査で、久茂地尋常小学校の全体像が明らかになりました。 1911年に開校し、10・10空襲で焼失した久茂地尋常小学校。今回は範囲を広げ、久茂地尋常小学校の全体像を明らかにする調査が行われています。 ...続きを見る

2018年6月13日

三ツ矢サイダー授業 環境教室

子どもたちに水の大切さを伝える「環境教室」が12日、那覇市で行われました。 この取り組みは子どもたちに水や地球環境について考えてもらおうとアサヒ飲料が2009年から全国の小学校で行っているものです。今回は県産パインを使った新商...続きを見る

2018年6月9日

スコーレ支援継続求める署名提出

戦中、戦後の混乱期に義務教育を受けられなかった人を対象とした夜間中学の運営に、8日、県は支援を復活させる考えを示しました。 夜間中学を運営するNPO法人、珊瑚舎スコーレを巡っては、昨年度で支援事業が打ち切られていて、星野人史代...続きを見る

2018年6月5日

糸満高校で「沖縄戦」平和講演会

沖縄戦の悲劇を忘れず、平和について考えてもらおうと、5日に糸満高校で平和講演会が行われました。この取り組みは糸満高校が平和学習の一環として行っているものです。 戦争体験者の話を語り継いでいる大田光さんは、生徒たちに学徒動員され...続きを見る

2018年6月1日

企画展「考古学から見た那覇」始まる

那覇市内の出土品などを展示した企画展が、6月1日から那覇市で始まりました。 企画展では、小禄鏡水から出土した7000年前の縄文時代のものとされる「爪形文土器」をはじめ、首里城から出土した14世紀から15世紀のものとみられる「鉄...続きを見る

2018年5月31日

中学生がサバニ体験 伝統文化を継承へ

地元の中学生が伝統文化を体験しました。 糸満市の優れた海洋文化「サバニ」を次世代に継承しようという取り組みが行われました。 サバニ体験は、漁やハーリー用の船として親しまれているサバニの文化を若い世代にも知ってもらい、地域への誇...続きを見る

石垣・大本小学校で海の安全教室

これからの季節、海で遊ぶ機会が増える子どもたちなどを対象にした安全教室が30日に石垣市で開かれました。 石垣市立大本小学校の児童や保護者25人が参加して行われた安全教室では、石垣海上保安部の職員が海で遊ぶときに注意するポイント...続きを見る

2018年5月30日

「ごみゼロの日」子どもたちが減量・分別学ぶ

5月30日は「ごみゼロの日」です。那覇市のリサイクル施設では子どもたちがごみの減量などについて学びました。 施設を訪れた真和志小学校4年生の児童およそ90人は、ごみを分別する際の注意点の説明を聞いたり、ごみを収集するパッカー車...続きを見る

次ページへ »

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.