2017年1月21日

小中学校教師へLGBT研修会

学校現場での性的マイノリティについて理解を深めてもらおうと、那覇市で小中学校の職員を対象にした研集会が開かれました。 研修会には、那覇市内の小中学校の職員、およそ100人が参加。この中で思春期保健相談士の徳永桂子さんが登壇し、...続きを見る

2017年1月20日

貧困対策に地域格差

「子どもの貧困対策に地域格差がある」との調査結果が報告されました。 これは県社会保障推進協議会が2016年、県内35の市町村にアンケート調査し、わかったものです。 その中で、都市部に暮らす小学生で、経済的支援が必要で就学援助を...続きを見る

2017年1月19日

中高生の夢を応援!医療系セミナー

中高生に自分の進路や夢を考えるきっかけにしてもらおうと、現役で活躍する医療現場のプロが特別授業を開催しました。 19日、興南高校を訪れたのは、医療に関する知識を広めるため活動している医師や看護師、理学療法士など8人です。 この...続きを見る

2017年1月15日

ちいさい手でパチパチ!子どもたちのそろばん大会

毎年恒例の子どもたちのそろばん大会が15日、うるま市で行われ、会場には小さな手でそろばんをはじく音が響き渡りました。 全国珠算教育連盟沖縄県支部が毎年開催しているこの大会。今年は4歳から6歳までの子どもたち、322人が参加しま...続きを見る

2017年1月14日

6000人余りが挑戦 大学入試センター試験始まる

大学入試センター試験が全国一斉に14日から2日間始まり、県内でも6000人余りの受験生が試験に挑んでいます。 大学入試センターによりますと、今年県内では去年より106人多い6169人が受験に臨んでいて、このうち県立看護大学では...続きを見る

2017年1月13日

雪国に八重山高校が訪問

大寒波襲来の雪国に八重山高校の生徒が交流で訪れ、初めての雪に大はしゃぎでした。 1月13日、歓迎を受けたのは八重山高校の生徒9人。20年ほど前から姉妹校として交流を持つ岩手県内の盛岡第四高校を訪れました。 盛岡の高校生から「一...続きを見る

久茂地尋常小学校の遺構を発見

戦前の久茂地尋常小学校の遺構が、旧久茂地小学校のグラウンドで見つかりました。 2014年に閉校した旧久茂地小学校跡地では2015年3月から試掘調査が行われていてこの結果、焼けた土の層の下から建物の基礎となる礎石の列が見つかりま...続きを見る

センター試験前に出陣式

14日から始まるセンター試験を前に那覇市の予備校では「出陣式」が行われ学生らは合格に向け決意を込めました。 12日、那覇市の予備校で行われた合格祈願祭には受験生のほか、初等部の児童たちも出席。受験生を代表して惣慶琉馬さんは「胸...続きを見る

2017年1月12日

暴力が子どもに与える影響 DV講座

家庭内暴力を防ぐために子どもの考えを理解し大人の気づきを促す講座が、12日から県総合福祉センターで開かれています。 講座では、子どもがなぜ泣くのか、またそれをどう理解し対応するかなど具体的な事例を通し暴力とその連鎖という根本的...続きを見る

2016年12月30日

子ども未来会議9人に奨学金給付

子どもの貧困対策に取り組む「沖縄子どもの未来県民会議」は、このほど、児童養護施設などで生活し進学が困難な生徒に奨学金を給付することを決めました。 この奨学金事業は、県が設置した「沖縄子どもの未来県民会議」が、県民からの寄付を財...続きを見る

次ページへ »

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.