2018年4月17日

喜納昌吉活動50周年企画

沖縄を代表する歌手、喜納昌吉さんの活動50年を記念した企画展が4月17日から那覇市で開かれています。 半世紀にわたる喜納昌吉さんの国内外での活動を紹介する企画展では世界各国でのステージの写真や訪れた国でもらった楽器など約400...続きを見る

2018年4月14日

島酒フェスタ多くの人で賑わう

泡盛の魅力を発信しようという「島酒フェスタ」が、14日沖縄セルラーパーク那覇で始まりました。 島酒フェスタは、泡盛の消費拡大と観光集客力の強化を目的に県と那覇市、県酒造組合が初めて開いたものです。会場では、県内46の全ての酒造...続きを見る

中城御殿跡で発掘調査現地説明会

2011年に発見された琉球王国時代の王子の邸宅・中城御殿跡の発掘調査説明会が14日、首里高校の敷地内で行われました。 中城御殿は1600年代前半、尚豊王が跡継ぎの邸宅として建設したもので、200年以上にわたりおよそ10人の王子...続きを見る

2018年4月10日

闘牛の骨を使って制作した三線を寄贈

沖縄市の老舗楽器店が闘牛の骨を使った三線を制作し、完成品を市に寄贈しました。三線を寄贈したのは、沖縄市内で40年営業を続けている老舗の「新崎太鼓三味線店」です。 この店では「チラ」の部分に施した梅の花の模様と音を調節する「カラ...続きを見る

2018年4月8日

アートたけし展 最終日にぎわう

ビートたけしが描いたアート100点を展示した「アートたけし展」が4月8日最終日を迎え、大勢の観覧者でにぎわっています。 2月17日から始まった「アートたけし展」。8日、デパートリウボウで最終日を迎え、開場と同時に家族連れなどが...続きを見る

2018年4月6日

尚本家の「清明祭」が復活

琉球王国の王家尚本家による清明祭が6日、およそ40年ぶりに行われました。 琉球王家の陵墓、那覇市首里の玉陵で行われた清明祭には親族や尚家ゆかりの市町村の代表らおよそ30人が参加しました。 主催したのは、第2尚氏23代当主の尚衛...続きを見る

2018年4月5日

全沖縄らん展示会始まる

県内のラン愛好家たちの作品が一堂にそろう展示会が4月5日から浦添市のホームセンターで開かれています。 ランの魅力を広く知ってもらおうと開催されている全沖縄らん展示会。一般家庭で育てられたカトレアやコチョウランなど愛好家自慢のラ...続きを見る

2018年4月3日

シーサーの日 壷屋でシーサー展

きょう4月3日は語呂合わせでシーサーの日。焼物の街、那覇市壺屋では、表現豊かなシーサー展が開かれています。 壺屋の焼物博物館では、4月3日、一日館内を無料開放し、企画展として県内の陶工やシーサー作家らが手がけた様々な表情のシー...続きを見る

2018年3月31日

ひるぎ染めの魅力 藤﨑紅型工房展

マングローブを使った『ひるぎ染め』の魅力あふれる作品の展示会が30日から名護市で開かれています。 展示会は、名護市に紅型工房を構える藤﨑眞さんが開いたもので、マングローブの樹皮を染料とする『ひるぎ染め』の作品着物を中心に帯、財...続きを見る

2018年3月30日

沖縄男声合唱団45周年に向けて

結成から45年という歴史をもつ県内の男声合唱団が4月1日に行われる記念演奏会に向けて、練習を重ねています。 1972年の結成から、45周年を迎える沖縄男声合唱団では4月1日に記念演奏会を開催することになっていて29日、メンバー...続きを見る

次ページへ »

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.