2018年3月6日

不屈館5年 今も愛される「カメジロー」

アメリカ軍統治下に県民の人権を守るために不屈の精神で闘った政治家「瀬長亀次郎」。亀さんの愛称で親しまれました。彼の活動の資料が展示されている不屈館は今月5周年をむかえました。亀次郎が今なお愛されているわけとは。 『きょうは、カメさんが刑務所か...続きを見る

沖縄に核施設「説得力ある」としたメモ入手

沖縄に核兵器を保管する施設を建設するという案には「説得力がある」。政府高官の発言と報じられています。 2009年、アメリカの核体制について在アメリカ日本公使が発言した記録とされるメモが見つかりました。河野外務大臣は否定していますが、真相は。 ...続きを見る

オスプレイ部品落下 県議会が政府に抗議・要請

2月のオスプレイの部品落下事故を巡り、県議会の要請団が政府に直接抗議しました。 上京した要請団は6日に防衛省や外務省を訪れ、2月21日に全会一致で可決した普天間基地の即時運用停止や在沖海兵隊の早期国外・県外移転を求める意見書を手渡しました。 ...続きを見る

名護市のホテル内レストランで集団食中毒

名護市のホテル内にあるレストランで、集団食中毒が発生しました。症状を訴えた人は68人に上っています。 県によりますと、集団食中毒が発生したのは、名護市のホテル内にある「レストラン名護浦」で、2月21日から翌日にかけてビュッフェ形式の食事をした東京...続きを見る

来年夏インターハイ開催で支援金

2019年の夏、沖縄を含む南部九州で開かれるインターハイ開催に向け、県内企業から支援金が贈られました。支援金を贈呈したのは、県内で求人事業を展開する「求人おきなわ」で、大里一雄社長から大会の支援団体に100万円が贈られました。 2010年度からブ...続きを見る

「かりゆし長寿大学校」で入学抽選会

高齢者の健康や生きがいづくりを目的とした「かりゆし長寿大学校」で、入学の抽選会が行われました。4月から入学する28期生は、171人の定員に対し、1.82倍の311人から申し込みがありました。 抽選会では、赤い球が出れば合格、白い球が出ると不合格。...続きを見る

県立高校入試「15の春」に約1万2千人が挑む

県立高校の一般入試が6日から始まりました。およそ1万2000人が「15の春」に挑んでいます。 このうち、県立那覇高校では、中学の先生に見送られ312人が受験。緊張が高まる午前10時。受験生は一斉に問題用紙に向かいました。 2018年、県内の...続きを見る

県立高校入試「15の春」に約1万2千人が挑む

県立高校の一般入試が3月6日から始まり、約1万2000人の受験生が「15の春」に挑んでいます。このうち、県立那覇高校では、中学の先生に見送られ312人が受験。緊張が高まる、午前10時の試験開始と同時に受験生らは一斉に鉛筆を取りました。 201...続きを見る

家族が認知症になったらどう向き合うか

認知症についての理解を深めようと3月5日講演会が開かれました。講演で認知症予防専門医の下山直登さんは「100点満点の介護は目指さないでください。認知症の方にとっても、介護者の方にとっても一番無理のない、私なりの介護を見つけていきましょう」と...続きを見る

県写真協会会員作品展

県内で活動するプロやアマチュア写真家の作品展が3月6日から那覇市で開かれています。 今回の作品展は県写真協会の会員28人にそれぞれの感性で自由に表現してもらおうとテーマは設けず、様々な表現方法で撮影された写真が展示されています。 また今...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.