沖縄に核施設「説得力ある」としたメモ入手

沖縄に核兵器を保管する施設を建設するという案には「説得力がある」。政府高官の発言と報じられています。

2009年、アメリカの核体制について在アメリカ日本公使が発言した記録とされるメモが見つかりました。河野外務大臣は否定していますが、真相は。

「核の貯蔵施設を沖縄かグアムに建設すると日本はどう見るか」という質問に対し「説得力がある」という日本側の回答。これはアメリカでオバマ政権が誕生した直後の2009年2月、核体制の見直しに向けたアメリカ議会諮問機関のヒアリングを受けていた在アメリカ日本大使館の秋葉剛男元公使の発言だと記されています。

河野外務大臣は「非核三原則を堅持するというのが我が国政府の一貫した立場ですので、それに反するような示唆というのはなかった、ということです」と述べ、問題のある発言はなかったとの認識を示しています。

日米外交に詳しい我部政明琉球大学教授は「核兵器の削減をオバマ大統領が考えていたと。日本政府の論理的には、核兵器があるからこそ日本の安全が保たれていると。核抑止、拡大抑止の話をしているとこころで出ているから、たぶん、それ(核貯蔵施設の建設)は説得的ではあるんじゃないですか」と、このように述べ、建設容認ではなく理解を示した発言だったのではないかと分析しました。