2014年10月14日

Q+リポート ある外国人女性が見た辺野古

国が計画を推し進める、辺野古の新基地建設の現場を先月、1人のオーストラリア人女性が訪れました。12年前、アメリカ兵に性的暴行を受け心に深い傷を負った、キャサリン・ジェーン・フィッシャーさん。これまで何度も沖縄に足を運び、基地反対を訴え続けてきた彼女...続きを見る

世界的パフォーマー 母校で演技

世界的に有名なショー「シルクドソレイユ」にも出演した県出身のパフォーマーらが14日、宜野湾市の小学校を訪れ、子どもたちに見事なパフォーマンスを披露しました。 宜野湾市の嘉数小学校を訪れたのは、県出身のメンバーなどで構成されるダブルダッチチーム「カプリオ―...続きを見る

那覇市長選 与世田前副知事が出馬表明

11月16日の那覇市長選挙に向け14日、与世田兼稔前副知事が正式に出馬を表明しました。 会見には、仲井眞知事をはじめ、自民党県連の議員や経済界などの支持者らが出席。 会見の中で与世田さんは、市民サービスを充実させた翁長市政を評価...続きを見る

翁長前那覇市長の後援会が公開質問状で会見

仲井眞知事を支援する「21世紀ビジョンを実現する県民の会」が翁長前那覇市長に出した公開質問状に対し翁長前那覇市長を支援する「ひやみかちうまんちゅの会」が14日、会見を開き辺野古の埋め立てに関する質問などに回答しました。 会見で、「ひやみか...続きを見る

県内大学学長ら米軍機飛行中止を要請

県内の大学学長らが14日、会見を開きました。アメリカ軍機の飛行中止を求め、日米両政府などに要請します。 大学の学長らによる連名での要請は、今回で3回目です。県庁では14日、琉球大学や沖縄大学など県内の大学の学長と今回新たに、辺野古にキ...続きを見る

飲酒運転根絶 共同アピール

県と県警は飲酒運転の根絶に向けて県民の意識向上をはかるため14日、共同アピールにのぞみました。今月21日には県民大会も開かれます。 県と県警では14日から12月19日までのおよそ2カ月にわたり「飲酒運転根絶一斉県民運動」を展開。さらに...続きを見る

琉球ガラスが初のグッドデザイン賞

琉球ガラスで初の受賞です。名護市にある工房で作られた器がグッドデザイン賞を受賞しました。 グッドデザイン賞を受賞した作品は窓ガラスの残りガラスを溶かして作られた「ミナモ」とやちむんを思わせるような深い緑が特徴の「ウージ」の2作品です。 ...続きを見る

台風19号被害 農林水産業総額8億6千万円

週末に沖縄本島全域を暴風域に巻き込んだ台風19号に関する会議が14日、県庁で開かれ、農林水産業への被害は総額8億6400万円あまりにのぼることが報告されました。 県のまとめによりますと、台風19号の被害総額は8億6484万円で、最...続きを見る

子どもたちの心豊かに 絵画と書の作品展

子どもたちが創作意欲を高め、心豊かになることを願って全国で展開されている作品展が、13日から那覇市で開かれています。 山本ひとみ記者リポート「会場には、児童が書いた、力強い書や、夏休み中の出来事を捉えた笑顔溢れる作品が...続きを見る

なりやまあやぐ 宮古島の秋の夜空に響く

宮古島の集落に歌い継がれる民謡を、子どもからお年寄りまでが披露する「なりやまあやぐまつり」が13日、宮古島市で開かれました。 「なりやまあやぐ」は、宮古島市城辺友利の民謡です。「慣れていることでも油断してはならない」という教訓歌で...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.