最新ニュースラインナップ

2018年12月18日

回顧2018 県内の事件・事故・災害 この1年

今年も残すところわずか。この1年間を振り返る「回顧2018」です。きょうは、「事件・事故・災害」です。 上間貴大記者「老人ホームの隣、あちらが火事があった工場です。建物は原形をほ...続きを見る

Qビズ 食物アレルギー対応の最前線

県内の最先端ビジネスを紹介しているQビズです。年々、県内を訪れる観光客が増える中、提供する食事では食物アレルギーをもった方への対応が進んでいます。きょうは、県内企業の食物アレルギー対応の最新事例と...続きを見る

宮古島市の県民投票不参加受け 知事会見

12月18日、宮古島市が辺野古埋め立ての賛否を問う県民投票へ参加しない意向を示したことを受け、先ほど玉城知事が会見しました。 先ほど県庁で会見を開いた玉城知事は「住んでいる地域によって県民の投票の機会が失われること...続きを見る

安和桟橋の重機の鍵穴ふさがれる

辺野古新基地建設で土砂の搬出場所である名護市の民間業者の桟橋構内で、重機の鍵穴がふさがれていたことがわかりました。 警察などによりますと12月18日午前4時頃、名護市安和の琉球セメント桟橋構内に置かれていた重機の鍵...続きを見る

南洋戦訴訟控訴審 来年3月に判決

戦争被害者とその遺族が裁判で改めて国の責任を主張しました。 この裁判は、サイパンなどの南洋諸島やフィリピンで太平洋戦争に巻き込まれ、家族を失ったり、被害を受けた40人が、国に対し謝罪と損害賠償を求めているものです。...続きを見る

辺野古警備に市民らが監査請求

県民の意思に反して進む辺野古の新基地建設に県が公金を支出したり、県警の警察官が現場を警備するのは不当だと、住民監査請求です。 12月18日に住民監査を請求したのは沖縄平和市民連絡会のメンバーらで、170人が請求人に...続きを見る

安和の桟橋 重機の鍵穴に接着剤

18日未明、辺野古への土砂搬入が続く名護市安和の桟橋付近にある重機の鍵穴に接着剤が入れられていたのが確認されました。 船越記者は「名護市安和の民間業者の桟橋付近にある重機の鍵穴に、接着剤が入れられているのがわか...続きを見る

架空請求詐欺 被害額630万円

インターネットの有料サイトの登録料金を支払うよう、うそのメールを送り、宜野湾市の男性から630万円をだまし取る架空請求詐欺がありました。 警察によりますと、2018年10月から11月にかけて、宜野湾市の40代の男性...続きを見る

「新海誠展」はじまる

2016年記録的な大ヒットを生んだ、アニメーション映画監督、新海誠さんの企画展が那覇市で始まりました。 新海誠さんのデビュー15周年を記念して、全国を巡回しているこの企画展。沖縄では、限定の動画や原画など、約750...続きを見る

2018年12月17日

Qプラスリポート 障害を越えてアニメ制作

視覚や心身に障害をもった人たちが協力して、このほどアニメーション作品を作り上げました。一体どんなアニメーションなのでしょうか。 儀間さん「ワンネー、ヘークーヤーンカイケーティナランクトゥ。(私は...続きを見る

次ページへ »

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.