最新ニュースラインナップ

2019年3月23日

那覇空港自動車道から落下 52歳男性が死亡

22日、南風原町の那覇空港自動車道で高架橋を走行していたオートバイが側面の壁に衝突する事故があり、運転していた男性が橋から落下し、死亡しました。 警察や消防によりますと、22日午後2時半ごろ、那覇空港自動車道を北向...続きを見る

ヨーロッパの経営者らが県内企業視察

ヨーロッパの企業の経営者らが21日に沖縄を訪れ、県内企業の取り組みを視察しました。 ドイツやデンマークなど、ヨーロッパの国々で製造業やコンサルタント業を営む経営者らが訪問したのはペットショップを運営するオム・ファム...続きを見る

2019年3月22日

テレメンタリー2019「分断の壁」突き破れ~若者がみた沖縄県民投票~予告ダイジェスト

今月24日深夜、QABでは県民投票をテーマに「テレメンタリー“分断の壁”突き破れ若者がみた沖縄県民投票」を放送します。きょうは、そのダイジェストをご覧いただきます。 ...続きを見る

承認撤回の回復を求め県が国を提訴

辺野古新基地建設に向けた土砂投入が続く中、県は工事を阻止しようと22日午後国を相手に新たな裁判を起こしました。 午後4時過ぎ、裁判所に訴状を提出する県側の弁護士。国が無効にした埋め立て承認撤回の効力の回復を求めて提...続きを見る

台湾から返った63体の琉球人骨

90年前、京都の研究者らによって沖縄から持ち出され、台湾で保管されていた遺骨63体が、今週沖縄に返還されました。しかし、遺骨をめぐっては様々な問題が残っています。 18日、台湾から届いたダンボール箱。この中には63...続きを見る

宜野湾市議会PFOS審議

国内での使用が原則禁止されてる有機フッ素化合物PFOSが普天間基地周辺から検出された問題について宜野湾市議会が基地内を調査するよう求めました。 桃原功市議会議員は「市民との信頼はどうなってるんですか。市民は不安...続きを見る

辺野古土砂投入止めるため新たな裁判

辺野古新基地建設に向けた土砂投入が続く中、県は工事を阻止するため22日午後にも新たな裁判を起こす方針を固めました。 玉城知事は19日に行われた安倍総理との会談で、辺野古の工事を止めるよう求めていましたが、国は予定通...続きを見る

オートバイが歩行者をはねる

22日未明、那覇市の国道で、オートバイが歩行者をはね、逃走する事故がありました。警察が運転手の行方を追っています。 警察によりますと、22日午前0時ごろ、那覇市仲井真の国道507号で、那覇方面から与那原向けに走って...続きを見る

壺屋のまちに灯りの道

20日夜、那覇市のやちむん通りに優しいろうそくの明かりが灯り、人々を魅了しました。 夜のやちむん通りをやさしく照らす灯り。20日、那覇市壺屋のやちむん通りでは、地域住民が窯元と協力して作った約40個の壺屋焼きのラン...続きを見る

2019年3月21日

Qプラスリポート 沖縄と東京の大学生が現地調査 若者が向き合う「沖縄と基地」

Qプラスリポートです。今月、県内で「地域の課題」について現地で考えようと、東京と沖縄の大学生が語り合いました。そこで語られた「沖縄と基地」。学生たちは何を思ったのでしょうか。 学生たち「見て、なんか...続きを見る

次ページへ »

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.