沖縄が本土に復帰してから2022年で50年の節目を迎えるのを前に、1972年生まれのいわゆる「復帰っ子」を中心に集まり企画するが団体が発足しました。

5月15日に空手会館で会見を開いたのは、1972年生まれの「復帰っ子」を中心に結成された本土復帰50周年企画団体、「結515」の関係者です。

メンバーには、ガレッジセールの川田広樹さんや大物民謡歌手風で活躍する護得久栄昇さんなどが参加し、2022年、本土復帰50年という節目に、沖縄の文化や歴史をつなぐ目的で結成されました。

ガレッジセール・川田広樹さんは「きょう『結515』ってことで、私がいないと始まらないよ。みなさん、よろしくお願い致します」と述べました。

団体では今後、こどもの貧困を無くすための基金の設置や、戦争体験を伝えるドキュメンタリー映画の製作などを予定しているということです。

復帰っ子を中心に「結515」を発足