翁長知事 副知事後任は富川氏

翁長知事が会見を開き、教職員の口利き疑惑で辞任した安慶田元副知事の後任に元沖縄国際大学学長で県参与の富川盛武さんを起用すると発表しました。

翁長知事は「富川氏にはこれまでの豊富な経験と知識を生かし、アジア経済戦略構想の推進など、沖縄振興に力を発揮して頂きたいと考えており、今回、副知事候補として選任をし、ご快諾を頂いたところであります」と話しました。

富川さんは1948年生まれの69歳。沖縄国際大学の学長などを歴任し、県のアジア経済戦略構想の議論を主導するなど、経済政策のブレーンとして県政を支えてきました。

また翁長知事は、2005年に廃止された部長級の政策調整監ポストを復活させ、政府などと交渉にあたる基地問題担当として、前の県議で、元金武町長の吉田勝廣さん(72)を起用すると発表しました。

翁長知事は「沖縄県が抱える最重要課題である米軍基地問題に対し、知事が特に命じる重要事項のほか、各部局の総合調整を担って頂きたい」と話しました。

一方、一部報道で、辞任の意向が伝えられた浦崎副知事については、続投の考えを示しました。