那覇市は、先週の定点当たりのインフルエンザ患者数が基準を超えたとして、2月1日、インフルエンザ警報を発表しました。

那覇市保健所によりますと、先週の定点当たりのインフルエンザ患者数は34.67人と、警報の基準となる30人を超えました。

保健所では、今後、流行がさらに拡大する可能性があるとして、1日、警報を発表しました。

また、南部保健所管内でも定点当たりの患者数が37.43人と基準を超えているほか、県全体でも29.66人と、警報レベル目前となっていることから、県では、手洗いやうがい、マスクの着用など、感染予防対策を徹底するよう呼びかけています。