15-01-18-04

本部町の八重岳では、「ひとあしお咲きに」をキャッチフレーズに、17日から、桜まつりが始まっています。

今回で37回目を迎える、伝統の本部八重岳桜まつり。会場では、開会宣言のあと本部町のミスさくらが発表され、たすきが引き継がれました。

八重岳の頂上へと続くおよそ4キロの沿道に植えられた寒緋桜は例年、この時期に見ごろを迎えますが、2014年の台風の影響で、開花が遅れていて、2015年の1月は、まだ1分から2分咲きといったところ。それでも、訪れた人々は、ピンク色の色鮮やかな桜の花を見つけ写真を撮りながら、春の気配を感じていました。

本部八重岳桜まつりは、2月1日までの開催です。