自民党県連は、7日、役員会を開き秋の県知事選挙に向けて現職の仲井眞知事を擁立する方針を決めました。

自民党県連の役員会には、西銘会長や県選出の国会議員らが出席し秋の知事選に現職の仲井眞知事を擁立する方針を確認しました。

自民党本部は仲井眞知事の擁立は困難との見方を示していましたが、県内では仲井眞知事の3選出馬を求める声も多く、県連では、他の候補者を擁立するには時期的にも難しいと判断。仲井眞知事擁立の方針を決めました。

自民党県連の西銘恒三郎会長は「仲井眞県知事の実績も高く評価しておりますし、本人の意欲もかなり強いものがありますので、方向性は情報確認、共有できたと思っている」と話しました。

県連では、公明党との選挙協力に関する協議を継続しながら、議員総会や常任総務会を経て7月中に正式決定する予定です。