大型で非常に強い台風8号は7日午前9時現在、さらに発達しながら沖縄地方に向かっています。今後の台風の動きに厳重に警戒して下さい。

大型で非常に強い台風8号は7日午前9時には沖縄の南の海上にあって1時間に25キロの速さで西北西に進んでいます。中心の気圧は930ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートルとなっていて台風は今後さらに発達し8日には猛烈な勢力で沖縄地方に接近する恐れがあります。

沖縄気象台によりますと、8日にかけ予想される最大風速は55メートル、75メートルとなっています。厳重に警戒して下さい。

台風8号の接近に伴いすでに沖縄全域の海域で波浪警報が出ていて大しけになっています。豊見城市のマンゴー畑では7日朝から農家が台風対策をする姿もみられました。宮古島地方ではまもなく、本島・久米島石垣島地方は7日夕方に強風域に入る見込みで、8日の昼ごろには本島や宮古島地方に最も近づくとみられています。

沖縄気象台ではこれまで沖縄に接近した台風の中で最も強くなる可能性があり宮古島・本島地方に特別警報を出す可能性もあるとして最大級の警戒を呼び掛けています。