2010年10月20日

65年前のきょうは1945年10月20日(土)

10月、疎開先の熊本で終戦を迎えた大城ミヨさんは変わり果てた故郷の姿に愕然とします。 大城ミヨさん「生きてて良かったねって言った時に、何とも言えませんでした、母が抱きついてきてね。それが脳裏から離れませんよ」 10月のちょうど今頃、姉と弟...続きを見る

Qリポート 長野で伝える米軍基地問題

名護市辺野古への新たな基地建設問題が長野県でも関心を集めています。地元紙への基地建設に反対する意見広告掲載運動や、中学生たちが沖縄を様々な視点から取材した「沖縄新聞」作り。なぜ長野県で沖縄の基地問題なのかを取材しました。金城記者です。 伊波敏男...続きを見る

ガーブ川事故訴訟口頭弁論 遺族悲痛な思い語る

去年8月、那覇市のガーブ川で作業員が流され、4人が死亡した事故で、作業員の遺族が那覇市などに損害賠償を求めた裁判の第一回口頭弁論が20日に那覇地裁で開かれました。 この事故は去年8月、那覇市のガーブ川で、橋の耐震調査をしていた作業員5人が増水した...続きを見る

石垣市議会 尖閣への上陸調査を可決

尖閣諸島海域で発生した中国漁船の衝突事件で、石垣市議会は20日、尖閣諸島へ上陸し視察するという決議案を全会一致で可決しました。 決議案は「尖閣諸島は石垣市の行政区域であり、島の自然環境や生態系の現状を把握し、荒天時の漁船の避難港の整備に向け上陸視...続きを見る

公務中米兵による交通死亡事故訴訟 国、和解に応じる

アメリカ兵が公務中に起こした交通事故で死亡した男性の遺族が国に損害賠償を求めていた訴訟で、19日、那覇地裁で和解が成立しました。 この事故は2008年8月、うるま市でアメリカ軍女性兵士の運転する乗用車がオートバイと衝突、那覇市に住む男性が死亡しま...続きを見る

おもろまち周辺住民訴訟 「周辺住民は原告不適格」訴えを却下

那覇市が行った土地の用途地域の変更は違法であるとして周辺住民が違法確認を求めていた裁判で、那覇地裁は「住民は原告として不適格」という判断をし、この訴えを却下しました。 この裁判は、那覇市おもろまちの市役所移転候補地で住宅用地だった場所を那覇市が商...続きを見る

がんばれ興南 がんばれ沖尚! 九州高校野球 出発壮行会

秋の九州高校野球が23日(土)に開幕します。県代表の興南高校と沖縄尚学高校の選手たちが20日、試合が行われる熊本に向けて出発しました。 出発を前に那覇空港でひらかれた壮行激励会には、関係者から観光客までつめかけ、選手たちに熱い声援を送っていまし...続きを見る

宮古島市 モバイル医療実証実験

へき地や離島を携帯電話の通信回線でつないで診療支援をするモバイル医療の実証実験が20日行われています。 これは看護師が患者の家などで携帯電話の通信回線を使って病院や診療所にいる医師に患者の画像情報を送り対面診療に近い環境を作るものです。 こ...続きを見る

研究成果発表 シークヮーサーの皮に炎症抑制効果

沖縄を代表する柑橘シークヮーサーの皮に含まれる成分に、炎症や腫瘍の形成を抑制する効果があるとする研究成果が19日発表されました。研究成果を発表したのは琉球大学農学部の和田浩二教授と大分大学医学部の伊波英克准教授らのグループです。 教授らによります...続きを見る

県老人クラブ大会 高齢者福祉向上めざし

本格的な高齢社会を前に高齢者福祉の向上を目指そうと、20日県老人クラブ大会が開催されました。 これは、高齢者の健康づくりや仲間づくり、また、認知症や虐待、孤独死など、高齢者を巡る様々な問題を共に考えようと、県老人クラブ連合会が毎年開催しているもの...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.