続いては新型コロナの治療にあたる医療従事者にお弁当でエールを贈る「イッペーマーサン食堂」です。医療現場のひっ迫具合もまた深刻になってきていますが今回も元気が出るお弁当が届けられています

きょうは「トラットリア ディ・マーレ」から「中部徳洲会病院」にお弁当が届けられました。

お弁当を食べながら一言!「コロナ禍での業務は最近忙しかったので、おかずがいっぱい入った弁当はとてもおいしいです」「早く平穏な日常が戻ってきてほしいなと思います」「目の前の患者さん一人ひとりに良き医療を提供できるよう頑張っていきたいと思います」「県民のために頑張ります!」

医療現場からのメッセージ

中部徳洲会病院 総務課 事務長 眞玉橋 顕一 さん「我慢我慢の毎日が続いておりますが今でも不要不急の外出は避けていただきたいと思います。病院においては救急も病棟もひっ迫しております。外出する際は十分な感染対策をとって外出をお願いします」

「引き続き苦しい日々が続きますがご協力をお願いします」

お弁当でエールを送る!イッペーマーサン食堂10