羽を広げた鳥のようなユニークな形をしたランが花を咲かせ、見に来た人を楽しませています。

本部町の熱帯ドリームセンターで咲いているのは、メキシコからボリビアまでの中南米に分布するランの仲間「ゴンゴラ」です。

一つひとつの花が、小鳥が翼を広げて空を飛んでいるような形をしていて、ひとつの茎に20個以上の花が垂れ下がっている姿は紫の鳥の群れを連想させます。

ゴンゴラには、雌しべと雄しべが合体した滑り台のような形の「ずい柱」があって、ハチを滑らせることで受粉を手伝ってもらっています。

美ら島財団の中川綾乃さんは「こちらのゴンゴラですね、面白い受粉の仕組みのほかに、匂いも放っています。甘い香りなんですけど、そちらも楽しんでいただきたいなと思っています」と話しました。

ゴンゴラは5月中旬ごろまで楽しむことができます。

小鳥?ユニークな形のランが開花