さて皆さんは、県庁の地下1階にある食堂「南天」をご存じでしょうか?現在の庁舎が完成した1990年にオープンし、ことしで30年。多くの人に愛されたその食堂が先月、閉店。最後の一日に密着しました。

県庁の地下1階にある食堂「南天」。この日、南天は多くの客でにぎわっていました。そのわけは、、、

Qお姉さん、きょうがどういう日かご存じですか?女性客「最後ですよね。」女性客「ボリュームもあってお買い得だったので県庁職員じゃない方も来てるなーってのはあったのでもったいないなーってのはあります。」

仲本記者「県知事から地元の学生まで、多くの人から愛されてきた食堂「南天」30年の歴史に幕を閉じます。」

食堂「南天」。1990年に県庁地下1階に店を構え30年あまり。長年多くの人の胃袋を満たしてきた食堂ですが、8月いっぱいで閉店することに。

愛されて30年「県庁食堂」の閉店に密着

オーディフホールディングス 普天間初子会長「一言でいえばコロナの影響は大きいとこがあります」

南天を運営するオーディフホールディングスの普天間初子(ふてんま・はつこ)会長です。現在の県庁舎が完成した年から営業するこの食堂にも新型コロナが影を落としていました。

普天間会長「当初はここの席が2回転するぐらい多いときは700、少なくとも5、600名は絶えず稼働していてにぎわってました」Q.今は? 「今は少ないときは100名を切るときもあります」

Q.きょうで最後って思うと寂しかったりしますか?食堂南天 マネージャー 宮里和美さん「寂しいです。お客さんがもう寂しいって言った瞬間にこっちまで泣きそうになりました」Q歴代の知事も来ていた「はい。見えてました。玉城知事もよくいらっしゃいますね。」

Q(メニュー)何が好きなんですか?女性「玉城知事は好きっていうかポークとかが苦手なので(笑)そして少食ですね!玉城知事は」

知事も通った食堂。ついに最後の営業が始まります。

「オープンします、どうぞ」最後の営業が始まった食堂「南天」。この日は長年の感謝を込めて沖縄そばや定食など、すべてのメニューが100円に。

男性客「毎週火曜日と金曜日に揚げパンを100円で売っていたんですけど、 めちゃめちゃおいしかったです。」「懐かしい味で!」Q:それを来たときには毎回買ってた?「はい!毎回買ってました!来た時には!本当にさみしいです」

愛されて30年「県庁食堂」の閉店に密着

警察職員「週に2.3回は来るかなと」「職員みんなで一緒にご飯を食べて話をする。やはりこの食堂でしかできないのかなと。そういうところで思いで残っています。」

18年通う県庁職員「先輩と一緒に来たこともありますし。後輩連れてきたこともありますし」「残念ですけどコロナの影響なんですかね、、?そう聞いてますけど、ちょっと寂しいですね(うなづく)」Qちなみによく頼まれてたメニューとか?「きょうも食べたんですけどカツカレーとかをよく食べています。そばとか、家庭の味みたいな。本当にやさしい味というかおいしい」「前は5,6人で一緒に食べたりとかよくしていましたけどね」

「南天さん。長い間ありがとうございました!」

普天間会長インタ「本当に会社というのはひとりでは育ちませんので、この県庁から受けた恩恵というのは大変大きいところがございます」「深々とありがとうございましたと県庁の皆さんに向かって頭を下げてお礼を申し上げたいです。ありがとうございます」

愛されて30年「県庁食堂」の閉店に密着

県民に愛され、県民とともに成長してきた食堂「南天」。ひっそりと30年余りの歴史に幕をおろしました。