新型コロナウイルスの影響から外出などを自粛する動きが出る中で あるインターネットのサービスが注目されています。

ネットスーパー。皆さんは利用していますか?

おとといイオン琉球が石垣市でスタートしたサービス。インターネットで注文した商品をその日のうちに自宅まで届けてくれる「ネットスーパー」です。

新型コロナの影響で注文増!?「ネットスーパー」

インターネットや店頭で会員登録すると、店のホームページで取り扱っている1万5千点の商品の中から選び注文。届け先や日時を指定すると自宅まで配達してくれます。

イオン琉球のネットスーパーは2010年の那覇店から始まり、これまで5店舗で展開。おととい、6店舗目として石垣地区でもサービスが始まりました。新型コロナの感染拡大を受け、今、このネットスーパーが注目されています。

記者「サンエーでは専用のホームページから商品を選択すると店の方が商品を選び、自宅まで届けてくれます。」

サンエーも、一部の地域でネットスーパーのサービスを提供していて県内4つの店舗で、およそ12万世帯の会員が登録しています。

サンエーネット販売部 鈴木優司マネージャー「小さなお子様がいる方やお年寄りが多い状況となっています」「買い物に行きたくてもいけないという世帯が多くて、最近は免許を返納した方も増えてきております」

今、新型コロナの影響を受け、人との集団接触を避けたい理由から、利用者も増えているといいます。

サンエーネット販売部鈴木優司マネージャー「どうしても店舗に来ると人との接触が多くなるので、お子様がいるところは、特にネットスーパーを使い始める方が増えてきていると感じます」

新型コロナの影響で注文増!?「ネットスーパー」

サンエーネット販売部鈴木優司マネージャー「やっぱり飲み物とか、お米など賞味が長いものが多かったんですが」「休校があってからは、カップラーメンや麺類、冷凍食品そういったものが増えている感じがします。」

サンエーネット販売部 鈴木優司マネージャー「前年同月比と比べると、3割から4割くらい注文件数が増えています」

一方で、課題もあるといいます。

サンエーネット販売部 鈴木優司マネージャー「週末日曜日には、注文が増えて、注文の受付締め時間前に注文をお断りしている状況となっています」「どんどん会員数が増えていくと、途中で新規入会を止める可能性もある」

買い物難民と言われる高齢者の支援にも役立つ「ネットスーパー」イオン琉球でも通常の2割増しで注文が伸びていて、レトルト食品やカップ麺、冷凍食品などが売れているということです。

イオン琉球では、配達の際には配達員に「マスク着用」などして感染防止策努めています。