沖縄労働局は、19日、中小企業と密接に関わっている県内の金融機関と連携を図り、「働き方改革」を進めるための連携協定を締結しました。

沖縄労働局との協定締結式には、県内5つの金融機関の代表が出席しました。今回の協定は、働きやすい職場作りを推進している企業に対する助成金や認定制度の周知を図るため、中小企業と密接に関わっている県内の金融機関と連携する目的で締結されました。

沖縄労働局では、「これをきっかけに助成制度を活用する企業が増えれば」と職場環境の改善に期待を寄せていました。