県ホテル協会に車いす50台を寄贈

介護事業などを手掛ける企業から、県ホテル協会に車いすが贈られました。県ホテル協会に車いす50台を贈ったのは、介護事業などを手掛けるリアンズグループの「リアンズ沖縄」です。

リアンズグループの槙山良夫代表は「リアンという言葉はフランス語で絆。これからも出会いを大切にしていきたい」とあいさつ。これに対し、県ホテル協会の當山智士会長は、ホテル利用者から、車いすの要望は多い。車いす利用者でも快適に施設を利用できるように大切に使用したい」と感謝の言葉を述べました。