特攻艇「震洋」展セレモニー

板でできた船でした。

沖縄戦で使われた特攻艇「震洋」を復元し8月9日、金武町に寄贈したのは八重瀬町に住む山内平三郎さんです。沖縄戦当時、金武町には旧日本軍の特攻艇「震洋」の2つの部隊があり、山内さんは、若い命を犠牲にした愚かな特攻作戦を知ってもらい、平和の尊さを考えてもらいたいと、復元した特攻艇を寄贈しました。

復元、寄贈した山内平三郎さんは「こんなもので本当に戦争しようと思ったのかなと思いましたよ」と話しました。

特攻艇は8月23日まで、金武町中央公民館で展示されます。