来年度予算、一括交付金増額など自民党に要請

翁長知事らは8月9日自民党本部で岸田政調会長と竹下総務会長を相次いで訪ね、2018年度の沖縄振興予算、3000億円以上の確保などについて協力を要請しました。

岸田政調会長は、「3000億円の確保、維持はベースとして考えていく」と述べましたが、具体的な発言はなかったということです。

要請後翁長知事は「今回は執行率も大きくなっておりますし、不用額も小さくなっていますので、こういったこと等の数字をしっかりあげて、まずは前年度並みですね」と話しました。

翁長知事は、2017年度250億円余り減額された一括交付金について、1600億円を越えていた2016年度までの水準の予算を求める考えを示し、8月10日自民党の高村副総裁や江崎沖縄担当大臣にも要請することにしています。