土砂採取・搬出について要請

辺野古の埋め立て工事に使う土砂の採取予定地の住民らが沖縄防衛局に対し、土砂搬出による環境影響評価を行うまで工事を止めるよう要請しました。

沖縄防衛局を訪ねたのは、名護市辺野古を埋め立てるための土砂搬出に反対する全国協議会のメンバーです。

メンバーらは、沖縄防衛局に対し、名護市辺野古の埋め立て工事について土砂搬出元の環境影響評価や外来種の侵入防止策の策定まで工事を行わないよう要請しました。

辺野古土砂搬出反対連絡協議会の八記久美子さんは、「外来種対策のあり方についての議論さえ行わない段階で、大浦湾の埋め立て工事に着手する国のあり方は『埋め立てありき』、『軍事基地ありき』の蛮行だ」と訴えました。

対応した沖縄防衛局の遠藤仁彦次長は「法令などに則って手続きを進めたい」と応じました。