16-07-11-03

11日朝早く、ヘリパッド建設が進められている東村高江のアメリカ軍北部訓練場で重機や資材が搬入されました。

ヘリパッド建設に反対する住民らによりますと、11日午前6時頃、東村高江の北部訓練場のメインゲートから、重機や工事資材が突然搬入されたということです。

また県道のわきには新たに金属製の柵が設置されました。沖縄防衛局は、抗議運動に対する「安全確保のため」と説明しています。

伊佐東村議「民意を無視してやってしまうんだなというこの国のやり方は非常に怒りを覚える」住民たちからは参院選でオスプレイの配備撤回を掲げる候補が当選した翌日の工事再開に怒りをあらわにしていました。