16-02-22-03

教育に対する関心を高め、理解を深めてもらおうと、21日、宮古島市で教育を語る市民大会が開かれました。

これは宮古島市が2007年から制定している「教育の日」に合わせ、開いているもので、市民や教育関係者、約800人が参加しました。

会ではスポーツや文化活動に活躍した生徒や、市の教育発展に尽力した人々に表彰状が手渡されました。

また、元陸上選手で世界陸上銅メダリストの為末大さんが講演を行い、「失敗する可能性があるものが挑戦。一生懸命に生きないと、失敗は失敗のままで終わってしまう」と、子どもたちに挑戦する大切さを話しました。