15-01-14-07

14日、県庁には県議や市民グループが訪れ改めて工事の中止などを県に要請しました。

メンバーらは防衛局が15日にも工事を再開し建設しようとしている「仮設桟橋」は実質的な埋め立て開始だと抗議。辺野古への新基地建設に反対する翁長県政が誕生したからには検証委員会の結論が出るまで防衛局に全ての作業を中止するよう求めるべきと訴えました。

対応した土木建築部の末吉統括監は「仮設桟橋は調査のための仮の施設と理解している」と述べ作業の中止については「知事が戻り次第相談する」と答えました。