15-01-14-06

辺野古では、政府が15日から海での作業を再開すると見られていることから緊張が高まっています。

キャンプシュワブのゲート前にはまだ夜が明けない朝5時からおよそ50人が集まり、資材搬入のトラックを止めようと山型鉄板の上で座り込みを始めました。その後も人は増え続け、一時、100人近くが集まり抗議の声を上げました。

抗議を続けるある人は「選挙で民意がちゃんと、沖縄の民意が示されているにもかかわらず(沖縄を)いじめるみたいなことをやっているのだったら予算減らされてでも、基地も無くして下さいみたいな(気持だ)」と話していました。

政府は15日から海での作業を始めるものとみられ、15日は海上保安庁のゴムボートが使用する浮き桟橋が設置される見通しです。

島ぐるみ会議では15日から毎日、那覇市の県庁前と沖縄市のコザ・ミュージックタウンから辺野古向けのバスを運行させるなど、座り込みを支援する態勢も強化する方針です。