15-01-14-04

上京中の翁長知事は14日、就任後初めて官邸を訪れ、名護市辺野古への新基地建設に反対する考えを直接杉田官房副長官に伝えました。一方で、安倍総理や官房長官との面談は実現しませんでした。

翁長知事は14日、面会後の会見で次のように内容を述べました。「普天間基地の県外国外(移設)、それから辺野古基地は造らないで頂きたいということを公約に当選致しましたので私の立場も理解いただきたいと思います、という話をさせて頂きました」

翁長知事が官邸で辺野古への新基地建設に反対する考えを知事として直接伝えたのはこれが初めてです。

これに対し杉田官房副長官は「知事の考え方もよく分かります。ですが政府も、官房長官が負担軽減大臣になったというのも政府の姿勢ですのでぜひ議論しながらこれもやっていきましょうね」と答えたということです。

翁長知事の上京は就任後3度目ですが、安倍総理や菅官房長官らとの面談は実現せず、政府の翁長知事に対する冷ややかな対応が際立っています。