ジャーナリストと沖縄の基地問題について考えるシンポジウムが12日に那覇市で開かれました。

シンポジウムでは、日米安保や基地問題を取材してきたジャーナリスト・高野孟さんが講演し、抑止力や中国の脅威を理由に、沖縄の海兵隊や先島諸島への自衛隊の配備が正当化される危うさを指摘しました。

さらに「中国のミサイル攻撃能力が向上したことで、前線の沖縄に張り付いているよりも、アメリカ本土から展開したほうがいいというアメリカの専門家も多い。しかし、日本では北朝鮮や中国があぶないという脅威を煽って、海兵隊が維持されている」と指摘しました。