2018年9月18日

7人の知事 4代目 大田昌秀

シリーズでお送りしている「7人の知事」。復帰後これまでに誕生した歴代の知事7人が残した言葉や直面した課題をみつ、今の沖縄を考えます。きょうは4代目の知事大田昌秀さんです。 大田昌秀「鉢巻もタスキもやめましたので、最終的な勝利の瞬間も大げさにバンザイしなく...続きを見る

ラオスリポート(2) 先生たちが支援 JICA ラオスの教育事情

貧困、児童労働、教師の能力不足…。途上国が抱える教育問題と向き合った県内の先生たちに密着しました。 日本の本州とほぼ同じ面積に、およそ50の民族、650万人が共存する「ラオス」。JICAのプロジェクトで途上国の現状を学ぼうと派遣さ...続きを見る

安室奈美恵さんラストライブ ドキュメント

16日に引退した安室奈美恵さん。15日には沖縄でのラストライブが行われ、会場の外にも大勢のファンが集まり引退を惜しみました。 16日は安室さんの曲に乗せた花火大会も開催され、ファンとともに安室さんも打ちあがる花火を鑑賞し、25年の歌手生活に幕を下ろしまし...続きを見る

県知事選 3連休の候補者の動き

翁長知事の死去に伴う県知事選挙。選挙戦は佐喜眞淳さんと玉城デニーさんの事実上の一騎打ちとみられています。暑かったこの3連休、有権者に支持を訴えたそれぞれの候補の動きをお伝えします。 3連休の初日、佐喜眞淳さんは那覇市内の団地など精...続きを見る

期日前投票 4年前の2倍のペース

翁長知事の死去にともなう県知事選挙の期日前投票が、4年前の知事選挙と比べ、2倍のペースで伸びています。 県選挙管理委員会によりますと、14日の告示から最初の日曜日だった9月17日までに県知事選挙の期日前投票を済ませた人は2万889人で、有権者の約...続きを見る

識名トンネル訴訟 県の敗訴確定

仲井眞県政時代に造られた識名トンネルをめぐる裁判で、最高裁判所は県の上告を受理せず、県の敗訴が確定しました。 この裁判は識名トンネルの建設工事で、県がうその契約書を作成したことで国に返還することになった補助金の利息分7178万円の返済を当時の関係...続きを見る

県議会 県民投票条例案 20日審議

辺野古埋め立ての是非を問う県民投票の条例案を巡り県議会は、20日臨時会を開いて審議することを正式に決めました。 県民投票を巡っては9月5日、署名を集めてきた市民団体「辺野古県民投票の会」が県民投票を実施するための条例案の制定を求める9万284...続きを見る

防災ヘリ導入を考えるシンポジウム

消防防災ヘリコプターの導入について考えるシンポジウムが17日、那覇市で開かれました。 島しょ県である沖縄県は、大規模な災害が起きた際、他県から応援が来るまでに時間がかかることから、防災体制を強化するための消防防災ヘリの導入を検討しています。 ...続きを見る

戦前の沖縄を振り返る資料展始まる

戦前の沖縄の歴史を振り返る資料展が18日から、沖縄公文書館で始まりました。 18日から始まった資料展は、あまり知られていない歴史や琉球処分、薩摩侵攻など時代を象徴する出来事から沖縄の歴史の足取りを追ってもらうことを目的に開催しています。 ...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.