2014年3月12日

東日本大震災から3年(2) 氷上に描く未来

今年1月の、高校総体・フィギュアスケート。この舞台に県勢初の代表として出場した花城桜子さんは、震災で沖縄へと避難してきたフィギュアスケーターです。現在、那覇国際高校に通う桜子さん。3年前の震災で、元いた宮城県仙台市の自宅やスケートリンクが崩壊し、母の故郷・...続きを見る

Q+リポート 再生する辺野古のサンゴ

棚原アナウンサー「政府は辺野古の埋立てに向けた現場作業に、7月にも着手するとみられていますが、この地域の「サンゴの元気度」を世界共通の基準で調査する「リーフチェック」が先週行われ、驚くべき成果がありました。」 三上アナウンサー「これが大浦湾の海の...続きを見る

県議会 百条委の経過本会議で報告

県議会は12日の本会議で、仲井眞知事が埋め立てを承認した経緯や根拠などを追及する百条委員会の経過報告が行われました。 12日の本会議で、百条委員会の當間盛夫委員長は、2月19日から24日にかけて、埋め立て承認の経緯や根拠などを、仲井眞知事や県幹部...続きを見る

名護市久志 高江ヘリパッド工事の赤土か

東村高江区のヘリパッド建設工事で現場から出たとみられる大量の赤土を名護市に持っていった疑いがあることがわかりました。 こちらが赤土が放置されている名護市久志区の映像です。高江区の住民によると3月8日、高江区のメインゲートから土を積んだ10トントラ...続きを見る

三連協 米軍機風防ガラス落下に抗議

アメリカ軍のFー15戦闘機の風防カバーが飛行中に落下した事故で嘉手納基地を抱える3つの自治体で作る三連協が沖縄防衛局に、抗議しました。 12月4日、訓練中のF―15戦闘機が重さ100キロを超える風防カバーを落下させ嘉手納基地に緊急着陸しました。 ...続きを見る

「過積載」なくし事故防止を

法律で定められた重量以上の積荷を運搬する「過積載」をなくし、事故を未然に防ごうという会議が11日に県庁で開かれました。 会議には国や県、トラック運転手たちが入っている労働組合などから22人が出席しました。 この中では、過積載が重大事故につな...続きを見る

東日本大震災鎮魂祭 高校生被災地に向かい黙とう

東日本大震災の発生から3年となった11日、被災地の復興を願い犠牲者を追悼する集会が北部農林高校で開かれました。 北部農林高校定時制課程の生徒たちは2012年の3月から1年にわたり、震災被害や被災地の現状を学んだり、自分たちで栽培した鉢植えを販売し...続きを見る

「茶の陶器」展 各国の味わい深い茶器そろう

お茶にまつわる陶磁器を紹介する企画展が12日から、那覇市の壺屋焼物博物館で始まっています。 「茶の陶器」展では、壺屋焼物博物館が所蔵する急須や湯飲みなどのお茶の道具、およそ50点を展示。人間国宝・荒川豊蔵さん作のどっしりと力強い姿の黄瀬戸茶碗やブ...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.