2010年10月25日

65年前のきょうは1945年10月25日(木)

親を失った子どもたちが預けられたコザの孤児院。65年前のこの頃、そこで暮らした少年は、先生の深い愛情に母のぬくもりを感じていました。 戦後65年目にして初めて行われたコザ孤児院の慰霊祭。当時の先生たちやそこで暮らした子どもたちおよそ60...続きを見る

Theスポーツ 九州高校野球 興南・沖尚好発進

興南外間主将「九州の強い高校が集まって来る大会が始まったので、非常に楽しみでワクワクしています」 沖縄尚学当銘翔主将「全員で1球に集中して、チャンスでは一点を取るという気持ちでやっていきたいです」 土曜日に開幕した九州高校野球大会。県勢は県大会優勝...続きを見る

名護市議会 日米共同声明の撤回求める

名護市は一枚岩の状態だと訴えました。名護市議会のメンバーが25日外務省沖縄事務所を訪れ、普天間基地の県内移設を合意した日米共同声明の撤回を求める意見書を樽井大使に直接、手渡しました。 25日午後、外務省沖縄事務所を訪れたのは10月15日に日米共同...続きを見る

名古屋市 COP10に合わせ沖縄シンポ

COP10生物多様性条約締約国会議に合わせて、22日、名古屋市で、沖縄の生物多様性とその保護を訴えるシンポジウムが開かれました。シンポジウムは沖縄・生物多様性市民ネットワークと沖縄地域作業部会が主催して、名古屋市内で開かれました。 シンポジウムで...続きを見る

大型タンカーから重油流出

24日午後、西原町の石油精製会社に接岸しようとしたタンカーが、桟橋に衝突し、海中に燃料が流出する事故がありました。25日も油の回収作業が続きました。 下地慶信カメラマンは「こちらは西原沖上空です。かなりの広範囲にわたって、黒いオイルが広がっている...続きを見る

嘉手納基地 今週即応訓練実施と連絡

アメリカ軍は今週嘉手納基地で、爆発音や発煙筒などを使用した即応訓練を実施すると連絡してきましたが、具体的な日程は明らかにしていません。 アメリカ軍からの連絡によりますと嘉手納基地では25日から5日間、部隊の任務遂行能力を査定するために即応訓練が展...続きを見る

アメリカ製迫撃砲弾 不発弾は戦後のもの 信管あり

10月20日、豊見城市で戦後、アメリカで製造された信管のついた不発弾が見つかりましたが回収できず現場で置かれたままです。 この不発弾は10月20日、豊見城市真玉橋の林で排水工事の測量をしていた作業員が発見しました。県警などによりますと、この不発弾...続きを見る

西原町 タンカーが桟橋に接触、油漏れ

10月24日午後、西原町の石油会社内にある桟橋に着岸しようとした外国船が衝突し、海中に燃料が流出する事故がありました。 10月25日も油の回収作業が続いています。燃料の流出があったのは、パナマ船籍のタンカーパシフィック・ポラリスで...続きを見る

泡盛を台湾でも普及へ

泡盛の普及・発展を進めている泡盛マイスター協会は、台湾のバーテンダー協会と人的交流などを進めるため、10月25日、姉妹協会の調印式を行いました。 姉妹協会の調印を行ったのは、沖縄の泡盛マイスター協会と、台湾台北市バーテンダー協会です。台北...続きを見る

宮古島 タートルマラソンで健脚競う

宮古島で10月24日、景勝地を見ながらマイペースで完走を目指すマラソン大会が開かれました。今年で34回目を迎えた「東平安名崎タートルマラソン」。大会には県内外から1000人余りの選手が参加しました。 沿道から地元の中学生たちがランナー...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.