10 / 22« 先頭...91011...20...最後 »

2009年6月17日

美ら島の提案〜未来へ残せるか沖縄の姿〜 「古材」循環する木材

美ら島の提案です。古くなった民家を解体したときに出る、多くの古い材木はこれまで廃材として捨てられ、焼却されていました。しかしこの古い木材を新たな建材としてよみがえらせる「古材リサイクル」が注目を集めています。比嘉記者です。 築70年を超える、...続きを見る

危険生物講習会 ハブクラゲ被害の応急処置学ぶ

毎年、ハブクラゲによる被害が多くなる海のレジャーシーズンを迎え危険生物の特性や応急処置などを学ぶ講習会が17日那覇市内で開かれました。 講習会には、市町村の担当者や消防、ビーチ管理者、漁協関係者らおよそ300人が参加。県衛生環境研究所の神谷大二...続きを見る

シークヮーサー

シークヮーサーを全国の人に消費してほしいと17日、独自の商品開発や販売の促進に努めるシークヮーサー消費推進協議会が設立しました。 JAを中心に自治体や飲料水やハムの製造会社などさまざまな業種の38団体が集まって設立。砂川博紀会長は「シークヮーサ...続きを見る

宮古・八重山地区 民放3局地デジ放送10月開始の見通し

宮古・八重山地区の地上デジタル放送が2009年の10月からスタートできる見通しとなりました。当初5月としていた、宮古・八重山地区のデジタル放送開始を機器の調整作業の関係で延期しておりました。 今回、作業の目途が立ったことから10月の放送開始の見...続きを見る

沖縄返還密約開示訴訟 国「少なくとも現在は文書ない」

沖縄返還をめぐる密約文書の情報公開を求めた裁判の第1回口頭弁論が16日、東京地裁で開かれ、「密約文書はない」とする被告の国側に対して裁判長は明確な説明を要求しました。 この裁判は、沖縄返還をめぐる日米両政府の交渉過程で、アメリカ軍施設の移転費用...続きを見る

林道建設 賛成は96件中1件

国頭村での林道建設に向けて県が集めた県民意見96件のうち、賛成は1件だけだったことが16日に分かりました。 県は国頭村での林道建設について、2008年12月から20091月にかけて県民に意見を募り、その結果、96件のうち「林道建設に賛成」は1件...続きを見る

小学校で平和学習 元白梅学徒が体験伝える

慰霊の日を前に、当時、白梅学徒だった女性の体験を通して平和の尊さを学んでもらおうと、17日に那覇市の小学校で平和集会が開かれました。 那覇市の開南小学校で開かれた集会では、当時16歳で白梅学徒として動員された武村豊さんが招かれ、暗い壕の中での治...続きを見る

2009年6月16日

めざせ甲子園!12 仲間のために戦う〜読谷高校〜

めざせ甲子園!12校目は読谷高校です。およそ1年間にもわたる闘病生活をナインの絆で乗り越えた選手が、チームを支える大きな存在になっています。 読谷高校。文武両道を掲げる学校はクラブ活動も盛ん。野球部も、今から17年前の春のセンバツ甲子園に出場し...続きを見る

県議会発足100年 決意新た

県議会は6月に発足100年を迎え、議会としてなお一層の献身を誓うことを決議しました。 議会100年の行事は県立芸術大学の学生35人による「かじゃでぃ風節」や「辺野喜節」など、琉球古典音楽の演奏で幕が開けました。 傍聴席で元立法院議員や元県...続きを見る

県立病院のあり方 現行の経営形態存続も

県立病院のあり方について、仲井真知事は経営再建計画で経営が改善されれば、現在の形態の存続を検討すると発表しました。同時に、独立行政法人への移行作業も進めるとしました。 仲井真知事は県立病院のあり方について、県医療審議会の独立行政法人化の答申を尊...続きを見る


10 / 22« 先頭...91011...20...最後 »