玉城知事は28日、県立南部医療センターを訪れ、新型コロナの診療を行った医療現場を視察しました。

玉城知事は、新型コロナの指定医療機関として患者を受け入れている南風原町の県立南部医療センター・こども医療センターを視察しました。

発熱した患者の問診を行う駐車場スペースを見て回ったほか、訪れた人全員に実施されている体温チェックを体験しました。

県立南部医療センター・和氣亨病院長は「(知事には)コロナの患者の診療にあたった部分を一つ一つをまわってもらった。今のうちに次に備えた準備をしないといけないと、きょう知事にもこういうことをしたい申し上げました」と話していました。

センターでは、発熱した患者が訪れた場合に、他の外来患者とわけて診療できるよう態勢を改善していきたいとしています。

玉城知事 南部医療センター視察