楽園の海、案内は水中カメラマンの長田勇さんです。今回のテーマは『久米島 早出しもずく収穫』です。

長田さん「毎年、この時期になると、各地でもずくの収穫が始まりますが、今年は、久米島のもずく収穫風景を撮影しに行ってきました」

気になります。早速見てみましょう!!

長田さん「久米島の泊港を出港しておよそ10分。奥武島の南側に広がるもずく畑に到着です。ボートの上から見ても、細長い網にたくさんのもずくが育っているのがわかりますね」

これ全部モズクの影なんですね!

長田さん「そうなんです。…さっそく海の中へ」

絨毯みたいになっているんですね。

長田さん「仲与志勇さん率いる勇亜(ゆうあ)もずくグループの畑にお邪魔しました。この時期のもずく収穫と言えば、早出しもずく」

早出しもずくとはなんですか?

楽園の海~久米島 早出しもずく収穫~

長田さん「もずくには、太もずくと糸もずくがあるんですが、太もずくの芽が出てすぐに収穫するもずくの事を、早出しもずくと呼んでいるんです。毎年1月、一番最初に収穫するもずくなんです。勇亜もずくグループでは、早出しもずくの網とは別に2400枚の太もずく用の網を持っているそうです。1月始め、この時期にこれだけ沢山のもずくが網に付くのは3年ぶりだそうです。早出しもずくの量としては、過去最高だと思う!と仲与志さんはおっしゃってました」

それにしても、綺麗に付いてますね~。

長田さん「上から見ても、網の隙間から水底が見えないくらい、フサフサと生い茂ってます」

楽園の海~久米島 早出しもずく収穫~

長田さん「いよいよ収穫。実は、今年の初収穫の日に撮影させてもらったんです。もずくを食べたことはあっても、どうやって収穫するか知らない方も多いと思いますので、じっくりとご覧ください」

こんな風に収穫するんですね。

長田さん「手際よくホースの口を当てて吸い取っていきます。簡単そうに見えて、結構技術が必要です」

大変な作業なんですね。

楽園の海~久米島 早出しもずく収穫~

長田さん「このホースの長さは25mあるんですが、吸い取られたもずくはホースを伝ってボートの上へ。この日は、2本のホースでもずくを吸ってます。吸い取られたもずくは、どんどん上がってきますので、ボート上の作業も休む暇がありません 」

水中もボート上も重労働ですね。

長田さん「この日だけで網40枚、1枚から130kg獲れるので、およそ5t収穫したそうです。この早出しもずくを久米島から送ってもらったので、さっそく近所に配って、食べてもらいました」

美味しそうに食べていますね。

長田さん「はい、子どもたちにも大人気でした」

私も食べたくなりました~。

長田さん「たくさんの方が同じ想いだと思います。なので今回はなんと!視聴者の方に抽選で10名様にプレゼントしたいと思います。番組のご意見もぜひお聞かせください!」

長田さん、今回も貴重な映像ありがとうございました。