金城キャスター「楽園の海案内は水中ビデオカメラマンの長田勇さんです。きょうのテーマは「大度海岸でシュノーケリグ」です」

長田さん「はい。今回は、大度海岸の内海で遊んできました。珍しく、タンクを一度も背負わないで撮影しました」

金城キャスター「そうなんですね。早速見ていきましょう」

長田さん「沖合いに自然の防波堤がある大度海岸なので、内海はいつも穏やかです」

金城キャスター「いい天気で気持ちよさそうですね」

長田さん「真ん中あたりに、黒い塊があるの分かります?」

金城キャスター「一部だけ濃い色になってますね」

長田さん「何??って思いますよね・・正体を突き止めるべく、シュノーケリグ開始でーす。黒い塊の正体は、すぐに判明しました!魚の大群です。しかも凄い数の」

金城キャスター「わ~、周りがもうお魚だらけですね」

長田さん「ミジュンと呼んでいるイワシの仲間です。このミジュンの群れは、沖縄の各地で目撃されています。港の中やインリーフなど、浅くて穏やかな海が多いんですよ。大きな魚から逃れるために、このような条件の場所を好むんでしょうね」

金城キャスター「本当にどこを見ても魚だらけですね」

長田さん「でも、まだ群れの端っこなんです」

金城キャスター「え!そうなんですか!?」

長田さん「進んで行くと、さらに数は増えていきます。普通魚って、人にはぶつかってこないんですが、この時は5回ほどぶつかってきたんですよ」

金城キャスター「それだけ数が多いって事なのかもしれませんね」

楽園の海 大度海岸でシュノーケリグ

長田さん「この群れの中で泳いで見たくなったので、カメラを固定して泳いでみました」

金城キャスター「長田さん、楽しそうですね」

長田さん「魚には逃げられてしまいましたが、、楽しかったです。大度海岸にいつもいるサヨリの仲間も、ここぞ!とばかりにミジュンを追いかけ回しますが・・なかなか捕まえられません」

金城キャスター「沢山いるから目移りしちゃうんでしょうねー」

長田さん「そうですね。こちらは、指を鳴らすだけで寄ってくる魚たち。ここの常連さんなんですよ」

金城キャスター「わ、ここも数が多くて見ごたえがありますね」

長田さん「鮮やかな水色のデバスズメダイが周りを囲んでくれます」

金城キャスター「シュノーケリグ初心者なら、これだけでも充分満足できますね~」

長田さん「さらに!今年の夏は、このインリーフにウミガメも何匹か入りこんでいるので、運が良ければ一緒に泳げます」

楽園の海 大度海岸でシュノーケリグ

金城キャスター「シュノーケリングでウミガメと泳げるんですか!?」

長田さん「最大でも2mほどの水深ですから、初心者には安心です」

金城キャスター「イワシの群れとウミガメの組み合わせなんて、なかなか無いですからね~。これは貴重な体験になりそうです」

長田さん「岩陰で休憩しているアオウミガメ。イワシを見て、何を思うんでしょうか?」

金城キャスター「イワシの群れを見ながら、物思いにふけっているのかもしれませんよ」

長田さん「そうかもしれませんね。呼吸をするために水面に上がってくる時は、かなり接近できます」

金城キャスター「手で触れられそうな距離ですね~」

長田さん「でも・・追いかけ回したり触ったりすると、ウミガメもいなくなってしまうので、亀の嫌がることは絶対にしないで下さい。」

金城キャスター「シュノーケリングでもお魚が沢山みれて、楽しそうですね。」

長田さん「そうですね。撮影で3日ほど行ったんですが、あまりにも楽しかったので、私の子供達にも見せてあげたくなって、遊びに行ってきました。浮き輪の上に乗っかって、のんびりしながら、ミジュンの群れ見たり、カメ見たり、魚と戯れたり・・子供たちもとても興奮してました」

金城キャスター「子供でも気軽に楽しめますから、まだまだ暑さが残るこの季節に是非挑戦していただきたいですね。長田さん、きょうもキレイな映像をありがとうございました。以上楽園の海でした」