F15墜落 副知事が米軍に抗議 謝罪なし

アメリカ軍F15戦闘機の墜落事故を受けて、県の謝花副知事が嘉手納基地司令官に直接抗議しました。謝罪の言葉はありませんでした。

県の謝花副知事は、22日、嘉手納基地を訪れ、第18航空団の司令官ケース・カニングハム准将に「強い憤りを禁じえない」と直接抗議しました。

この中で県は、安全管理体制の抜本的な見直しや、原因究明までの同型機の飛行中止などを求めましたが、カニングハム准将は、「できる限りの安全点検は、手順を追ってやった」と述べるに留まり、謝罪もなかったということです。

また、地元嘉手納町議会や県議会の抗議の面会を断っていることについても、カニングハム准将は「今後、検討したい」と述べるに留まったということです。

一方県議会も墜落事故に抗議です。事故原因を公表しないまま2日後に再開したF15戦闘機の飛行を改めて中止し事故原因を究明するよう求める、全会一致の意見書を外務省沖縄事務所と沖縄防衛局に手渡しました。

中島防衛局長は、「いつになったら(事故が)なくなるんだ、ということですけども、それについてはしっかりとゼロにするべく取り組ませて頂きたい」と話しました。

今回、県議会は抗議の場にアメリカ軍の出席も求めていましたが軍はこれにも応じませんでした。