知事「アジア情勢は日本政府が先に説明すべき」 県議会は21日から一般質問が始まり、米朝首脳会談が辺野古の新基地建設などに与える影響について、翁長知事が答弁しました。 21日から始まった一般質問で、自民党の山川典二議員は、朝鮮半島の緊張緩和が沖縄の基地問題に与える影響について質しました。 翁長知事は、ペリー元国防長官らと会談した際、「アメリカ側は新基地は辺野古でなくてもいい」などと話していたと説明しました。 その上で、「辺野古の工事が着々と進んでいくのを見ると、アジア情勢を説明するのは日本政府が先ではないか。基地への影響について沖縄から言及するのは寂しい限りだ」と政府を強い口調で批判しました。