辺野古 護岸工事着手1年で海から抗議 

辺野古の新基地建設の護岸工事が始まって25日で1年。海上で抗議行動が行われました。

新基地建設反対の意思を示す抗議行動には県内外からおよそ240人が集まりました。参加者らは「国とかに対しては(新基地建設を)認めていない、許していない、怒っているというのをみんなで伝えられたらと思う」と話しました。

参加者たちは午前9時ごろにカヌーや船に乗って辺野古の浜を出発。今回の海上抗議は新基地建設に伴う護岸工事に着手してから25日で1年になるのに合わせて行われたもので、参加者たちは、海の上から「土砂を投入するな」や「海を壊すな」などと訴えました。

抗議は午後も引き続き行われ、建設反対を訴える集会も開かれます。