石垣市で「明和の大津波」慰霊祭

1771年、明和8年に八重山地方を襲った「明和の大津波」で犠牲になった人々への慰霊祭が、24日に石垣市で行われました。

1771年4月24日に石垣市の南南東沖で発生したマグニチュード7.4と推定される地震では、八重山地方の標高80メートルを超える地点まで津波が押し寄せ、9300人余りの住民が死亡したと伝えられています。

24日の慰霊祭では小中学生の代表が地震や津波などの自然災害から身を守ることの大切さを作文で発表しました。参列者らは白い菊の花を手向け、冥福を祈っていました。