カヌチャリゾートから東日本に義援金

東日本大震災から丸7年。

一日も早い復興を願って、県内のホテルが、3月16日、日本赤十字社を通じて義援金を寄付しました。寄付された義援金およそ50万円は、2月までホテル内で開催されていた恒例イベント「スターダストファンタジア」の入場券収入の一部だということです。

カヌチャベイリゾートの白石武博社長は、「毎年継続していくことが大事だと思っている。今後も長期的に支援を続けていきたい」と話していました。