あの世の正月 宮古島でジュウルクニツ あの世の正月とされる旧暦1月16日の3日、宮古島では家族や親戚が集まり、墓参りをする光景が見られました。 宮古島市では「ジュウルクニツ」と呼ばれる行事。平良の墓地公園では家族や親戚が集まり、線香を手向けたりお供え物を添えたりして手を合わせていました。 お年寄りの女性は、「孫たちが3月から進級しますのでこのことも報告して、健康で一年無事に過ごさせてくださいとお祈りしてきました」と話していました。 3日は時折小雨が降る天気となりましたが、ご馳走を囲み会話を弾ませ、先祖とのひと時を過ごしていました。