山城議長ら 無罪を求める署名提出

東村高江でのヘリパッド工事の抗議活動で、防衛局の業務を妨害した罪などに問われている平和運動センター議長の無罪を求める署名を支援団体が那覇地方裁判所に提出しました。

この裁判は高江での抗議活動中に防衛局の職員にけがをさせたなどとして、平和運動センター議長の山城被告が公務執行妨害などの罪に問われているものです。

2月20日、山城議長を支援する5つの団体は無罪を求める国内外約6万5000人分の署名を那覇地方裁判所に提出しました。団体を代表して、東門美津子顧問は「罪状が本当に値するものなのか。独立した司法の判断を求める」とコメントしました。

裁判の判決は来月14日に言い渡されます。