参議院外交防衛委が知事と面談 視察で沖縄を訪れている参議院の外交防衛委員会のメンバーらが、20日、翁長知事と面談しました。 19日、宜野湾市の普天間第二小学校などを視察した委員会のメンバーらは最終日の20日、県庁でおよそ45分間翁長知事と面談しました。 この中で、自民党の委員が、「辺野古移設が実現すれば、安全が確保され騒音が大幅に軽減される」と政府の姿勢を代弁したのに対し、翁長知事は、「外来機の飛来も増えていて、県内移設を伴う返還では基地負担軽減にならない」などと理解を求めました。 また、相次ぐ不時着などのトラブルについても、「1年間で30件も続く中、アメリカ軍は政府の要請も一顧だにしていない」と指摘しました。