米軍パラシュート降下訓練実施 津堅島沖で今年5回

県やうるま市が中止を求める中、8月9日夜、津堅島訓練水域でアメリカ軍による、2017年で5回目のパラシュート降下訓練が行われました。

津堅島沖、暗い海の上空でアメリカ軍機から兵士が降下する様子が少なくとも4回、確認されました。津堅島訓練水域でのパラシュート降下訓練は9日午後8時ごろに始まり、午後10時ごろまでの2時間にわたり行われたものとみられています。

津堅島沖での訓練は2017年、これで5回目です。県やうるま市では、この水域がフェリーや漁船が行き来する場所であり、危険だとして、再三、訓練の中止を求めていましたが無視される形で訓練が強行され、反発が強ることは必至です。