岸田大臣 翁長知事面談

2月25日から沖縄を訪れている岸田外務大臣は26日朝、翁長知事と会談し、「基地負担の軽減について、目に見える結果を出せるよう努力したい」と述べました。

会談の冒頭、翁長知事は、辺野古への新基地建設の断念などを盛り込んだ要望書を手渡し、「沖縄の現状を十分に理解し、基地負担の軽減に取り組んでほしい」と述べました。

これに対し岸田大臣は、「目に見える結果を出せるよう努力していきたい」と答えました。

そして岸田大臣は「地元の皆様方の御理解無くして出来ないということ。このことを踏まえながら沖縄の負担軽減について目に見える形でしっかり進めていかなければならない。」と話しました。

その他、会談では、岸田大臣が「海外から観光客や投資を呼び込むモデルケースにしたい」と、沖縄の魅力を海外に積極的に発信する考えを強調したということです。