高校生デザインのネクタイで美ら島募金

美来工科高校の生徒たちがデザインし、商品化されたネクタイのデザイン料が、QABの美ら島募金に寄付されました。

QABを訪れたのは美来工科高校コンピューターデザイン科の3年生など6人です。

生徒たちは、2016年4月から授業の一環としてネクタイのデザインに取り組み、厳選したエイサーや空手などの柄を商品化して、空港などで販売しています。

今回は、売り上げの中からデザイン料10万円が美ら島募金に寄付されました。寄付金はサンゴの保護活動に役立てられます。