リオパラ仲里選手に県民栄誉賞を授与

パラリンピックの車いすラグビーで4大会連続出場を果たした仲里進選手に、県民栄誉賞が贈られることが決まりました。

20日、翁長知事は「(仲里選手の活躍は)障害者はもとより、広く県民に希望と活力を与えるものであり、スポーツの振興及び障害者の社会参加の加速に、多大な貢献となるものであります」と述べ、パラリンピック4大会連続出場に加え、リオでのメダル獲得という仲里選手の活躍を称え、県民栄誉賞の授与を発表しました。

県民栄誉賞が授与されるのは、甲子園で春夏連覇を果たした興南高校野球部やゴルフの宮里藍選手らに次いで5人目です。表彰式は11月22日に行われる予定です。